スポーツをして救われた

スポーツを初めてすごくよかった事。

自分は人見知りでなかなか友達や知り合いが出来ませんでしたが、スポーツをしていろんな人との出会いがありました。

親からも身内からも嫌われ孤独を感じていた時にスポーツを始めました。

昔から自分は自分の思った通りにならないとすぐ態度にだし、周りを困らせてばかりいました。

その性格が治らず身内とも仲良くできず、親からも距離を置かれるようになりました。

そんな自分ですがスポーツをするようになって出会った人たちと仲良くスポーツをできる事が今では本当に幸せです。

一時は本当に身内から除け者にされたりして精神的にもきつく、築けば人と関わる事が本当に嫌で外に出ることも嫌になっていました。

そんな時に子供の学校の保護者Tさんからママさんバレーをしているからこない?って言われたのがきっかけでした。

そのころは外に出ることが本当に嫌な時期だったので、最初はあまり行きたくなかったのですが、誰ともコンタクトを取っていなかったので、

誘われた事が嬉しくて学生の頃にバレーをしていたこともあって行ってみることにしました。

人見知りの自分なので行ってもほとんど誰とも喋らなかったんですが、Tさんから『また来てね』の一言が本当に嬉しくて次の週もまた行くことにしました。

2回目もまた行ったのですがまたほとんど誰とも喋らずにバレーが終わり、帰ろうとしたらまたTさんが『また来週来てね』と声をかけてくれました。

ほとんど会話をしていないのですが、たった『また来てね』の一言が自分には本当に救われる言葉でした。

子供の頃は何も気にしないで遊んでいたのが大人になると、いろんな事が臆病になり自分から初対面の人に話しかける事すら出来なくなりました。

しかしスポーツは会話をしなくても楽しく出来るし、スポーツが終わった後に共通の話が出来るので、人見知りのかたでも会話が少し出来るのでいろんな人と知り合う事が出来ます。

何か悩んでる人や、人見知りで大人になって知り合いが出来ない人は思い切ってスポーツに飛び込んでみる事をお勧めします!

ネットで検索すれば結構スポーツ仲間を探している人がいますよ!

この記事へのコメント